医療・介護の

DX推進会とは?

医療・介護のDX推進会

DXは「デジタルトランスフォーメーション」の略語です。
DX推進会では「デジタルツールを活用することで患者や利用者、またその家族の生活を支援し人生を豊かな方向に変革させること」を目的にしています。
選りすぐりのツールで効率的
デジタルツールは日々更新され、新しいツールが開発されリリースされ続けています。最適な1本を探すために一つ一つのツールをインストールし、試用し確かめる必要があります。数多くあるツールの中から最適なものを選ぶのも一苦労です。そこでDX推進会では多くの方に適しているツールを厳選し紹介しています。ほとんどの機能が無料で使えるものを中心に活用していきますので安心して参加することが出来ます。
少人数グループや
オンライン学習に対応
少人数性のグループ学習を行っています。またオンラインでの学習も可能です。最も学習に適した環境で進めていけるように対応をしていきます。
知識・スキルを学ぶ場を提供
いざ、デジタルツールの必要性が高まった場面でも慌てることなく導入への対応が出来るように普段から「使い慣れておく」が重要です。DX推進会ではデジタルツール活用の勘所を提案しすぐに対応が出来るための学習の場を提供しています。
参加費無料
コロナ禍において医療・介護現場でのデジタル化は急務です。国策としても「IT庁」の開設などスピード感が求められています。そこでDX推進会では参加費無料で行い最速でデジタル変革を進めていきたいと考えています。

DX推進会無料登録フォーム

医療・介護のDX推進会では事例紹介など秘匿性の高い情報を多く扱います。その為に不特定多数の方がご参加できる会ではありません。身元が確かなDX推進会の会員からの紹介で入会が出来るようにしています。必ず紹介者の名前を記入してご登録ください。紹介者が不明な場合は登録の承認ができません。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

DX推進会メンバー

戸畑商業高等学校在学中に第二種情報処理技術者(国家資格)を取得。KCS電子計算機専門学校にて第一種情報処理技術者(国家資格)を取得。その後、システム開発会社への就職・派遣を経て5年後にフリーランスのシステムエンジニアとして受注・設計から納品まですべての工程をひとりで行い経験を積む。16年間のシステムエンジニアの経験を経て現在は認知症専門デイサービスと子供向けプログラミング教室の運営を行っている。

二宮 美由喜(にのみや みゆき)
DX推進アドバイザー/第一種情報処理技術者
福岡県北九州市生まれ

介護保険制度が成立してすぐの2001年に福祉用具貸与事業所の設立から運営に携わる機会を得る。介護保険制度について学ぶことで事業にも興味を持つことになる。10年後、二宮氏からデイサービス開設の相談を受けたときにこれまで持っていた介護事業への興味と合致。2012年4月「デイサービス鶴亀寿々庵小倉沼南」を共同で運営することに至る。2019年10月から小倉南区長野東町に「ニリエテラス」を新築しデイサービス施設を移転。2020年3月から小学生を対象としたプログラミング教室の運営も開始する。

有馬 義之介(ありま よしのすけ)
モチベーションマネジャー/社会福祉士
福岡県福岡市生まれ

介護保険制度が成立してすぐの2001年に福祉用具貸与事業所の設立から運営に携わる機会を得る。介護保険制度について学ぶことで事業にも興味を持つことになる。10年後、二宮氏からデイサービス開設の相談を受けたときにこれまで持っていた介護事業への興味と合致。2012年4月「デイサービス鶴亀寿々庵小倉沼南」を共同で運営することに至る。2019年10月から小倉南区長野東町に「ニリエテラス」を新築しデイサービス施設を移転。2020年3月から小学生を対象としたプログラミング教室の運営も開始する。

有馬 義之介(ありま よしのすけ)
モチベーションマネジャー/社会福祉士
福岡県福岡市生まれ


メディア掲載・活動実績

シンガポールのテクノロジー企業Lark Technologiesから介護や教育などオフラインで人と直接関わることが多い業界でのデジタルツール導入についてニリエテラスが取材を受けました。
Lark Technologies
DX推進会はみなみ市民塾運営委員会に参加しています。地域貢献活動の一環として北九州エンジョイント事業「 みなみ市民塾」わがまち 講演会~人生100年時代を豊かに生きる~全4回のチラシ作成を行いました。シニア中心の運営委員の活動にデジタル要素を加えることができました。
北九州エンジョイント事業「 みなみ市民塾」
笑顔ふれあい文化展で毎年来場者が楽しみにしているクラブ・同好会の発表会wpデジタル化し開催を行った。1年間の練習の成果を発表できる貴重なステージであり、発表する側も観覧する側も多くの人が楽しみにしている大変盛り上がるイベントである。コロナ禍にあって中止の選択肢もあったが
貫市民センター「笑顔ふれあい文化展」


DX推進会はみなみ市民塾運営委員会に参加しています。地域貢献活動の一環として北九州エンジョイント事業「 みなみ市民塾」わがまち 講演会~人生100年時代を豊かに生きる~全4回のチラシ作成を行いました。シニア中心の運営委員の活動にデジタル要素を加えることができました。
北九州エンジョイント事業「 みなみ市民塾」

SNS